中国輸入

【中国輸入無在庫転売】アカウント停止されたアホの話を聞いてくれ!


あなたは今、なるべくお金を使わずにできるビジネスを探しているのではないのでしょうか?

 

そして無在庫転売のことを知って、まさに調べているところではないでしょうか?

 

たしかに少ない資金からでもできる方法ですが、何も知らずに始めてしまうとアカウントを閉鎖させられてしまう危険もあります。

 

しかしこの記事を読めば、メリット・デメリットが理解できて、もう二度と無在庫転売について調べなくて済むように要点をまとめておきました。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

目次

無在庫転売とは

 

 

在庫は持たずに、注文が入ってから商品を仕入れるやり方です。

 

イメージしやすい例

 

  • 大型家具
  • オーダースーツ
  • おもちゃ等の予約注文

 

具体例:カーテンを購入するとき

 

まず窓のサイズを測る

サイズが合うように注文

2週間後にできあがる

受け取る

 

 

 

主な流れ

 

 

以下の流れで進めていきます。

 

 

仕入れる商品をリサーチ

日本のECサイトに商品を登録

注文が入る

代行業者を使って商品を仕入れる

検品・梱包してから日本へ発送

お客様へ届ける

 

 

いきなり商品を仕入れるのではなく、まずはストアに出品の登録だけしておきます。

 

そして注文が入ったら、中国のECサイト(タオバオ、アリババなど)から仕入れてお客様へお届けします。

 

 

 

仕入先

 

主に次のサイトを使います。

 

  • 阿里巴巴(アリババ)
  • 淘宝網(タオバオ)
  • 天猫(ティーモール)

 

それぞれの特徴は、こちらの記事でより詳しく解説しています。

 

【中国輸入リサーチ】行き詰まる前に見るべき7つのコツ【2019】

 

 

 

中国商品の具体例

 

 

たとえばこの商品を見ていきましょう。

 

Amazonでは1,680円で売られていますね。

 

 

 

 

次に中国のサイト・タオバオをチェックします。

 

タオバオ

https://world.taobao.com/

 

なんと39元 = 約660円ほどで買えます。

 

 

 

 

 

1,680円 ー 660円 = 1,020円です。

 

手数料などを引いても十分に利益を出せることが分かります。

 

このような商品は星の数ほどあります。

 

あとはひたすらリサーチして、出品登録をしていきましょう。

 

そして注文が入ったら、中国の代行業者に発送を依頼して、お客様にお届けしていく、という流れです。

 

代行業者については、後ほど詳しくお伝えします。

 

 

 

向いている商品

 

 

 

 

次のような商品が無在庫転売に向いています。

 

  • マニア向け
  • あまり人気がない
  • 重かったりサイズが大きかったりする

 

 

 

マニア向け

 

 

一般の人はあまり知らないような、マニアックな商品ほど向いています。

 

たとえば

  • 専用のバイク工具
  • 特殊な音楽機材 など

 

逆に、日用品は無在庫には向いていないのでやめておきましょう。

 

 

 

あまり人気がない

 

 

あえてランキングが低い商品を扱うことで、目立たず独占して高値で売ることもできます。

売れるのが月に数個だったとしても、高い利益を出しやすくなります。

 

逆に、わざわざ在庫を抱えて人気のない商品を売っていくのはやめましょう。

 

 

 

重い・サイズが大きい

 

 

倉庫の保管費が高くなる商品こそ、在庫をムダに持ち続けなくてすむ売り方が向いています。

 

 

 

商品リサーチ

 

 

具体的にどうやって商品を探せば良いのか、こちらの記事で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてください。

 

【中国輸入リサーチ】バカでもできる!稼ぐ商品を見つけ出すコツ!

 

 

 

メリット

 

 

次のようなメリットがあります。

 

  • 仕入れるのは注文が入ってからでいい
  • 資金繰りが楽になる
  • スキルがいらない
  • 保管スペースがいらない
  • ライバルが少ない

 

 

 

仕入れるのは注文が入ってからでいい

 

 

これが最大のメリットです。

 

最初に仕入れ資金がいらないので、赤字リスクなしでたくさん商品を販売できます。

 

 

 

資金繰りが楽になる

 

 

理由は2つあります。

 

  • 注文が入ってから仕入れれば良い
  • 在庫を持つリスクがない

 

商品を先に仕入れる必要がないので、赤字になってしまうことはまずありません。

手元にあるお金を減らさずに販売できるので、資金繰りが驚くほど良くなります。

 

また、そもそも在庫を持っていないので、売れ残りについて悩む必要がなくなります。

 

 

 

スキルがいらない

 

 

商品が売れるかどうかジャッジするスキルが必要ありません。

 

なぜなら注文が入った商品だけ仕入れれば良いからです。

 

「仕入れても売れなかったらどうしよう」という不安を抱える必要がなくなります。

 

 

 

保管スペースがいらない

 

 

もし自宅で商品を保管する場合、在庫の山に生活スペースを圧迫されてしまいます。

あるいは、倉庫に商品をあずけておくと、毎月どんどん保管費が取られます。

 

しかし無在庫転売ならこうした心配はいりません。

 

 

 

ライバルが少ない

 

 

日本の商品を無在庫で転売するよりも、ライバルの数はかなり少なくなります。

 

たとえば

  • 日本の商品 : 人気のものには出品者が70~80人もいることも多い
  • 中国の商品 : ライバルがまったくいないこともある

 

商品がライバルのストアとかぶらないので、自然と差別化することもできます。

 

 

 

デメリット

 

デメリットとしては以下のことが挙げられます。

 

  • アカウントを停止される
  • 商品の配送までに時間がかかる
  • お客様からの問い合わせに回答しにくい
  • 作業量が多くなる
  • 品切れ状況をつかみにくい

 

 

 

アカウントを停止される

 

 

ほとんどのプラットフォームが、規約で無在庫転売を禁止しています。

 

なぜなら、商品が届かなかったりイメージ通りでない場合があり、お客様とトラブルになることが多いからです。


もしも無在庫転売がバレた場合、最悪アカウント停止の処分になってしまいます。

 

 

 

商品の配送までに時間がかかる

 

 

注文が入ってから仕入れるので、配送までに1~2週間ほどかかってしまいます。

 

ネットで注文するお客様は、なるべく早く商品がほしいと思っているものなので、待たせたことで悪いレビューを入れられることもあります。

 

 

 

お客様からの問い合わせに回答しにくい

 

 

自分の手元に商品があるわけではないので、具体的な問い合わせをされても答えられない場合があります。

 

また、中国の製品は、日本のものと比べるとどうしても品質が劣っているケースが多いです。

仕入れてみて初めて分かる不良(細かい裁縫のほつれなど)にも、自分で気づくことができなくなります。

 

日本人は、高品質なメイド・イン・ジャパン製品を基準に考えているので、思わぬ品質クレームが入ることもあります。

 

 

 

作業量が多くなる

 

 

無在庫転売では、出品登録をしている数が大切です。

 

かなり多くの商品をあつかうことになり、1,000~2,000品以上になることもザラにあります。

 

それだけ登録の手間も増えていきます。

 

 

 

品切れ状況をつかみにくい

 

 

中国の工場の状況をきちんと把握することは難しく、気づいたら販売中止になっているケースもあります。

 

お客様から注文が入り、いざ仕入れようと思ったのに、在庫切れになっていて泣く泣くキャンセルするしかないこともあります。

 

 

 

注意すべきポイント

 

 

 

 

なによりも気をつけるべきなのは、アカウント停止にならないようにすることです。

 

これを守っておかないと、利益を出せないどころか、ビジネスが終了してしまいます。

 

逆に言うと一時的に赤字になっても、アカウントさえキープし続けることができれば、トータルで黒字にすることができます。

 

以下のポイントは何回もチェックして、必ず守るようにしてください。

 

  • 春節(旧正月)と国慶節を知っておく
  • 配送の日数を把握しておく
  • お客様へのレスポンスを早くする
  • 納品書などを絶対に入れっぱなしにしない
  • 商品を直送しない

 

 

 

春節(旧正月)と国慶節を知っておく

 

 

中国には年に2回の大型連休があります。

 

それぞれ次の時期には気をつけましょう。

 

  • 2月上旬・・・春節(旧正月) ※一大イベントなので要注意
  • 10月1日〜・・・国慶節(中国でいう建国記念日)

 

一回の連休の長さは7~10日間ほどで、その年によって変わります。(土日がどの程度つながるか次第)

 

このタイミングになると中国の人々が同時に休みに入り、仕入れが完全にできなくなります。

 

商品がまったく日本に送られてこないので、お客様もどんどんストレスがたまっていきます。

 

クレームを避けるために、次のようなメッセージをストアのトップページ等で伝えておきましょう。

 

  • 「中国における春節のため、2月◯〜◯日の期間は商品の配送に時間がかかります」
  • 「中国における国慶節のため、商品の配送は10月◯日以降になります。あらかじめご了承くださいませ。」

 

 

 

配送の日数を把握しておく

 

 

どこから仕入れるか、どんな商品かによって配送の日数が異なります。

 

前もって工場側にしっかり確認しておきましょう。

 

商品ページにも余裕をもった配送スケジュールを明記しておき、なるべくクレームにならないよう心がけてください。

 

 

 

レスポンスを早くする

 

 

お客様から「いつ届くのか」「思っていた商品と違う」などの問い合わせはどうしても増えがちです。

 

ただでさえイライラしているときに、こちらの対応が遅いと、低評価レビューを入れられる原因にもなります。

 

そうなるとアカウント停止にはならなかったとしても、検索の順位が下げられて、売上が落ちてしまう危険もあります。

 

クレームはやっかいだと感じてしまうかもしれません。

 

しかし誠意をもってスピーディーに対応することで、逆にいい評価を得られることさえあります。

 

返品や交換の希望にもすぐ応えるようにしましょう。

 

 

 

納品書を入れっぱなしにしない

 

 

間違って納品書を入れたままにすると、仕入れ値がバレてしまいます。

 

お客様からすると「高い商品を買わされた」という気持ちになり、ほぼ100%クレームになります。

 

 

 

商品を直送しない

 

 

中国の商品は、絶対にお客様へダイレクトに送ってはいけません。

 

なぜなら次のようなリスクがあるからです。

 

  • 関税の請求がお客様へ行ってしまう
  • 梱包が雑だったり傷ついたりしている商品が届く
  • 写真と実物が違うことがある

 

それだけクレームになる可能性も高くなってしまいます。

 

 

 

ヤフオクがもっともオススメ

 

 

 

 

Yahoo!オークション

https://auctions.yahoo.co.jp/

 

  • 始めやすい
  • アカウント停止のリスクが小さい(もし停止されてもすぐに作り直せる)
  • 入金までのスピードが早い
  • 手数料が安い
  • 大量に出品できる
  • 利益を出しやすい
  • 高くても選んでもらえる

 

 

始めやすい

 

出品までの手続きがかんたんなのが特徴です。

画面の操作も分かりやすく、法人向けのストア(楽天市場など)のような面倒な審査もありません。

 

 

 

アカウント停止のリスクが小さい

 

業者として利用することも認められており、停止されることはまずありません。

もし停止になったとしても、すぐに違うアカウントを作り直すことができます。

 

 


入金までのスピードが早い

 

落札者が商品の受け取り連絡をしたタイミングで、すぐに入金されます。

(ただし振込先をジャパンネット銀行にしておく必要があります)

 

資金が少ないあいだは、特にありがたいポイントです。

 

 

 

手数料が安い

 

ヤフープレミアム会員の場合、落札価格の8.8% (税込)がかかります。

*ただしプレミアム会員の月額会費は約500円

 

一方で、たとえばメルカリは手数料が10%かかります。

 

つまり、それぞれ10万円の売上があった場合、メルカリなら10,000円もかかるのに対し、ヤフオクなら8,800円で済みます。

 

 

 

大量に出品できる

 

1アカウントで3,000商品まで出品することができます。

 

無在庫転売は出品登録の数を増やすことが大切なので、とても向いています。

 

 

 

利益を出しやすい

 

メインとなるユーザー層は40~50代の男性で、比較的お金を持っています。

 

そのため単価が高い商品もよく売れて、利益を出しやすいです。

 

 

 

高くても選んでもらえる

 

ヤフオクは日本No.1の商品数をウリにしており、ユーザー数は約3,000万人を超えています。

 

その大半は、いちいちAmazonや楽天などのサイトと比べて、どこが安いか調べたりしません。

 

「いつも使い慣れているから」「Tポイントを消費したいから」などの理由で買ってくれるユーザーが多くいます。

 

 

 

便利なヤフオク向けツール

 

 

 

 

出品数が増えるほど有利ですが、手作業でいちいち登録していてはかなり時間を取られてしまいます。

 

省ける手間は省いて、リサーチなどに時間を使えるようにしていきましょう。

 

ここで紹介するツールはいずれも無料で使えるので、資金が少ない場合も安心してください。

 

 

 

App Tool

 

 

 

 

App Tool

https://apptool.jp/lp/

 

  • 操作がシンプルで分かりやすい
  • 初心者でも気軽に使える
  • 一括で出品や評価ができる
  • 大量に出品したい場合にとくにオススメ
  • たった3クリックで再出品できる

 

 

 

オークタウン

 

 

 

 

オークタウン

https://auctown.jp/

 

  • 一括で出品できる
  • 下書きを15件まで保存できる
  • クラウド型なのでPC・タブレット・スマホなどで共通して使える
  • ユーザーが集まっている時間帯を指定して出品できる
  • 取引が完了した顧客への対応や評価を一括で入力できる

 

 

 

オークファン

 

 

 

オークファン

https://aucfan.com/

 

  • 過去の落札額をチェックできる
  • かんたん出品ツールや出品テンプレートなど充実した機能
  • 一括で再出品できる
  • 出品ページのデザインを作り込みたい時にとくにオススメ

 

 

 

その他の向いているプラットフォーム

 

  • Yahoo!ショッピング
  • BASE(ベイス)
  • カラーミーショップ
  • Wowma(ワウマ)
  • Qoo10(キューテン)

 

 

 

Yahoo!ショッピング

 

 

Yahoo!ショッピング

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/

 

  • 初心者〜中級者向け
  • 出店するまでに審査をクリアする必要がある
  • 入金スピードはヤフオクより遅い
  • 悪い評価をもらわないようにしっかり気をつけるべき
  • もし60日以内に悪い評価が5つ以上たまってしまうと、ストアを検索したときの順位が下げられてしまう
    (=商品がほとんどお客様の目にとまらない状態にされてしまう)

 

 

 

BASE

 

 

 

BASE(ベイス)

https://thebase.in/

 

  • 無在庫転売が認められている
  • 無料で作れるネットショップ
  • 初期費用が無料
  • 自分のショップを何個も作れる

 

 


カラーミーショップ

 

 

 

 

 

カラーミーショップ

https://shop-pro.jp/

 

  • ルールを自分で決められるのでアカウント停止にならない
  • 月額費用がかかる(エコノミー ~ ラージの4段階)
  • そのぶんショップを本格的に作りこむことができる
  • 販売手数料は一切いらない

 

 

 

Wowma

 

 

 

 

Wowma(ワウマ)

https://wowma.shop/plan.html

 

  • 月額4,800円かかる
  • そのぶん集客力はある
  • auユーザーはお得に買える

 

 

 

Qoo10

 

 

 

 

Qoo10(キューテン)

https://www.qoo10.jp/gmkt.inc/Special/Special.aspx?sid=158483

 

  • 初期費用が無料
  • 毎月の固定費が無料
  • 発送代行のサービスがある。

 

 

 

向いていないプラットフォーム

 

 

次のプラットフォームは特に厳しい措置を取っているので向いていません。

 

  • Amazon
  • 楽天市場
  • メルカリ
  • BUYMA

 

 

 

Amazon

 

 

 

 

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/

 

  • 無在庫転売は原則的に禁止
  • 良好なアカウントの評価をキープするのが難しい
  • 評価は数値できびしく管理される
  • 配送までの期間に余裕をもたせて、検品、梱包をきちんとすべき
  • アカウントを永久に停止させられてしまうこともある
  • 一定期間のうちにクレームがいくつも入ると停止になることが多い
  • もし一度でも停止されたら、作り直すのはかなり難しい

 

 

 

楽天市場

 

 

 

 

楽天市場

https://www.rakuten.co.jp/

 

  • 無在庫転売については厳しく取り締まっている
  • アカウントの評価をAmazonのように数値でチェックしているわけではない
  • ストアを出店するまでの資金がかなり必要
  • たとえば開店するだけで30~60万円ほどかかる

 

 

 

メルカリ

 

 

 

 

メルカリ

https://www.mercari.com/jp/

 

  • 無在庫転売は規約で禁止されている
  • 複数アカウントを作ることも禁止
  • 定期的に規制が入り、いきなり販売できなくなる場合がある
  • 知名度は高い
  • 出品できるのは20個ほど

 

 

 

BUYMA

 

 

 

 

バイマ

https://www.buyma.com/

 

  • 無在庫転売がオフィシャルに認められている
  • しかし中国から仕入れたノーブランド品の販売はできない
  • 高級ブランド品をメインにあつかう方針

 

 

 

必要な経費

 

 

 

 

次のような費用が必要です。

 

  • 商品の仕入れ値
  • 代行業者への手数料
  • 中国国内での送料
  • 中国からの国際送料
  • 関税
  • ECサイトへの手数料
  • お客様への送料

 

FBA料金シミュレーターを使って、前もって利益を計算しておきましょう。

 

FBA料金シミュレーター

https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

 

 

 

オススメの代行業社5選

 

 

ここで紹介する5社は、いずれも無在庫転売をサポートしています。

 

良さそうだと感じたところを使ってみてください。

 

さらに詳しく知りたい場合は、こちらの記事に詳しくまとめたので参考にしてください。

 

中国輸入代行業者のおすすめはラクマートで決まり!【2020最新】

 

 

 

タオバオ上海LINER

 

 

 

 

タオバオ上海LINER

http://www.shanghai-liner.net/

 

  • 業界No.1のスピードが売り
  • 注文〜配送まで平均7日間、最短3日間
  • 発注してから24時間以内に商品の購入を完了
  • ただし発注金額が5万円以上でないと発注できない
  • 代行手数料:6%
  • 為替レート:Yahoo!ファイナンスのレート+1円

 

 

 

china-trading(チャイナトレーディング)

 

 

 

 

china-trading

http://daikou.china-trading.jp/

 

  • かなりの大手。会員数は6,700人以上
  • 発注した商品をFacebookでシェアするとポイントが付く独自システムあり
  • 代行手数料:商品代金の3%
  • 為替レート:当日のレート+0.8円

 

 

 

China Gate(チャイナゲート)

 

 

 

 

China Gate

https://www.chinagate.jp/

 

  • プレミアム会員になれば、メルカリの自動出品ツールが無料で使えるようになる。
  • 代行手数料:7%、プレミアム会員は無料
  • プレミアム会員:24,800円/月
  • 為替レート:レート+0.8円

 

 

 

BANRI

 

 

 

 

BANRI

http://banri.biz/

 

  • 専属の担当者がついてサポート
  • 代行手数料:無料
  • 月額会員料:
    • ライト 10,476円
    • ミドル 21,276円
    • プレミアム 42,876円
    • カスタマイズ 要相談
  • 為替レート:当日のレート+0.5円

 

 

 

 

HARU TRADE

 

 

 

 

HARU TRADE

https://harutrade.com/

 

  • 日本人スタッフとやり取りできる
  • 月額会員料:
    • ゴールドプラン 9,800円
    • プラチナプラン 19,800円
  • 代行手数料:
    • 無料会員:8%
    • ゴールドプラン:3%
    • プラチナプラン:0%
  • 為替レート:商品代金+1.5元

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

  • 少ない資金からでも始めやすい
  • アカウントの評価にはとにかく注意を払う
  • 配送期間をきちんと把握しておく
  • 実物が手元にないのでお客様の質問に答えにくい
  • 初心者はヤフオクから始めるのがオススメ
  • 効率的なツールを利用しよう
  • 商品の仕入れ〜日本への輸入までは代行業社を使おう

 

 

知人はAmazonで悪いレビューが溜まって、とうとうアカウント停止のペナルティを受けてしまいました。

 

色々と対策を調べてどうにか復活はできたようですが、くれぐれも気をつけていきましょう。

 

低評価が入らないようにとにかく気をつけて、アカウントを守ることを心がけましょう。

 

それさえできれば、初心者でもとても始めやすい方法です。

 

まずは試しにいくつか出品してみて、経験を積み重ねてください。

 

そこからあなたの物販ビジネスを大きくしていけることを願っています!

 

-中国輸入

Copyright© 神矢高宏 中国輸入公式サイト〜自分らしく自由に生きる方法〜 , 2020 All Rights Reserved.